クリスマスコンサート曲目紹介①

お知らせ・コンサート情報
10 /27 2017


お久しぶりでございます。
最近は寒いですね…アルト二年のKです!



更新の間が空いてしまって申し訳ありません…




さて!聖歌隊員はクリスマスコンサートに向けて日々練習に励んでおります。


日を追うごとに完成度も上がっている(と思いたい…。)ので、隊員一同、

本番を意識するようになってきました。



むしろ本番まで時間がなくなってきているので、意識しなければなりませんね!



そして今回の更新の目的は、クリスマスコンサートの曲目紹介です!



全て書くと少し長くなってしまうので、2回に分けて更新をしていくつもりです。

まずは前編です。
よろしければお付き合いください!



第一部では、はじめにGauntlettの「Once in  Royal David's City」を歌います。

題名の「ダビデ王の村」とは、ダビデの出身地であるベツレヘムを指しており、曲中ではイエスの健やかな成長が主に描かれています。




そしてPalestrinaの「Rorate caeli」と続くのですが、この曲はソプラノが2声に分かれ、5声で歌い上げます。


なお、冒頭で歌われるフレーズである「Roráte caeli de super,et nubes pluant justum」とは、

イザヤの預言45章8節より引用しており、

「天よ露を滴らせ 雲よ正義を降らせよ」という意味です。かっこいいですね!



この曲の中では、様々なパートが重なり合うのですが、そのハーモニーは筆舌に尽くし難いものです…実は中の人が好きな曲ナンバーワンです。ぜひ聴いていただきたいです! 




3曲目の「あわれみの神」はカトリック聖歌集103番の曲であり、キリストの救いへの信頼と希望を歌う内容となっています。




そして受胎告知の場面を描く「Angelus ad virginem」、

聖母マリアを賛美する「Ave Maria」(Victoria)や「Salve mater misericordie」へと続きます。



Ave Maria」では先唱の後に4声が続くのですが、曲のところどころで4声がピッタリと重なる部分があります。和音がとっても綺麗な曲なのでは、反響する教会にうってつけの聖歌なのではないでしょうか!(※個人的な感想です。)




そして第一部は「Away in a manger」で締めくくられます。

この曲はキリストの降誕を題材にしたものであり、私自身聴いていて穏やかな印象を受ける曲です。




第一部はこのような曲目となっております!


皆様がすこしでもクリスマスコンサートに興味を持ってくださったなら幸いです!




では後編もお楽しみに!!



コメント

非公開コメント

上智聖歌隊

 上智大学のサークル、上智聖歌隊【Sophia Choir】の現役ブログです。
 上智聖歌隊は、大学内での金曜昼ミサ・復活祭・クリスマスをはじめとする学内の典礼や、入学式・卒業式などの学校行事で聖歌を歌っています。その他にも結婚式での歌の奉仕や季節のコンサートなども行っています。

 新入隊員はいつでも大歓迎です! 信者の人もそうでない人も一緒に歌いませんか? 歌うことが大好きな仲間がいつでも歓迎いたします♪

♪LINK♭
上智聖歌隊HP
上智聖歌隊のホームページです。
聖歌隊について詳しく書いてあります!
ブログと合わせてぜひご覧ください。

上智聖歌隊情報部
聖歌隊の半公式(?)Twitter。
ソプラノPが今日も楽しく
速報や近況をつぶやきます。

♪新入生歓迎イベント♭
常に隊員募集中です!!


興味のある方は、下記のメールフォームから連絡していただくか、練習室に直接きてくださっても大丈夫です。
お待ちしております。



♪近況報告♭
クリスマスコンサートに向けて練習中です。

♪活動情報♭
通常練習(授業実施期間)
【月曜日】
11号館地下二階第四練習室
17:15~19:45
【木曜日】
同館地下二階第三練習室
17:15~19:45
いつでも見学可能です!

お昼の練習
毎週月~木曜日
12:45~13:15
1-105にて毎週金曜日にクルトゥルハイムで行われるミサの歌の練習をしています。昼食持ち込み歓迎!


金ミサ
毎週金曜(季節休暇中を除く)
12:40~13:15
@クルトゥルハイム主聖堂(2F)
ミサでの典礼奉仕をしています。どなたでもお気軽にどうぞ!



■興味のある方はこちらへ!
上智聖歌隊宛メールフォーム