FC2ブログ

オルガンの話

日常
10 /16 2012
こんにちは、ゆんです
今日は活動報告でもないのですが、ちょっと隊室のオルガンの話を。

先日はギターなんかも使いましたけど、
聖歌の伴奏楽器は何と言ってもオルガンでしょう。
イグナチオ教会のパイプオルガンを隊員が弾くことはありませんが、
コンサートや普段の典礼では主に電気オルガンを使って
隊員オルガニストが伴奏や入退堂の演奏をしてくれています。

こうしたオルガン練習や、少人数での歌の練習に使われているのが
隊室のリードオルガンです。今どきの大学生にも懐かしい足踏み式!

オルガン1

さて、このオルガンが隊室にやってきた経緯は定かではありませんが、
少なくとも30年はここで働いているようですから、
多くのOBにとってはこのオルガンは懐かしい風景の一つのはず。

オルガン鍵盤
歌の練習では右手でオルガンを弾いて左手で拍を取ることが多いため、
鍵盤の左には長年叩かれ続けた痕跡があります。歴史ですね……


一方、その間ずっと現役生活を続けていたこのオルガンは、
特定の音色を選べば使えなくはないものの、
出ない音があったり、調律が狂いはじめたりという状況になっていました。
そこで、昨年の聖歌隊創立50周年を記念してOB会が募金を行い、
このオルガンの修理を行うことになったのです。

この夏、典礼音楽の勉強をしていた隊員が
リードオルガン奏者と接触したことから諸々の機縁が繋がって修理先も決まり、
今日、修理のための搬出作業が行われました。
冬にはオーバーホールを終えて帰ってくる予定です。

卒業されてもなお、現役隊員の活動を支えてくださるOBの方々には、
本当に感謝の一言しか出てきません。
オルガンが修理から帰ってきたら、
OBの方々の集まる場で改めて感謝のご報告をしたいなと思います。



そうそう!今回は修理中の練習のために同じモデルのオルガンを
お借りしているのですが、ゆんも試しに弾いてみたところ、
コンディションの良いオルガンってこんなに鳴るんだー!という
感動の音色です。(あくまでもオルガンの音色ね。)
うちのオルガンはどんな音になるのか、修理後が楽しみですね。
OBのみなさまもそうでない方も、オルガンが帰ってきたら
ぜひぜひ隊室にも遊びにいらしてくださいね。

コメント

非公開コメント

上智聖歌隊

 上智大学のサークル、上智聖歌隊【Sophia Choir】の現役ブログです。
 上智聖歌隊は、大学内での金曜昼ミサ・復活祭・クリスマスをはじめとする学内の典礼や、入学式・卒業式などの学校行事で聖歌を歌っています。その他にも結婚式での歌の奉仕や季節のコンサートなども行っています。

 新入隊員はいつでも大歓迎です! 信者の人もそうでない人も一緒に歌いませんか? 歌うことが大好きな仲間がいつでも歓迎いたします♪

♪LINK♭
上智聖歌隊HP
上智聖歌隊のホームページです。
聖歌隊について詳しく書いてあります!
ブログと合わせてぜひご覧ください。

上智聖歌隊情報部
聖歌隊の半公式(?)Twitter。
ソプラノPが今日も楽しく
速報や近況をつぶやきます。

♪新入生歓迎イベント♭
常に隊員募集中です!!


興味のある方は、下記のメールフォームから連絡していただくか、練習室に直接きてくださっても大丈夫です。
お待ちしております。



♪近況報告♭
クリスマスコンサートに向けて練習中です。

♪活動情報♭
通常練習(授業実施期間)
【月曜日】
11号館地下二階第四練習室
17:15~19:45
【木曜日】
同館地下二階第三練習室
17:15~19:45
いつでも見学可能です!

お昼の練習
毎週月~木曜日
12:45~13:15
1-105にて毎週金曜日にクルトゥルハイムで行われるミサの歌の練習をしています。昼食持ち込み歓迎!


金ミサ
毎週金曜(季節休暇中を除く)
12:40~13:15
@クルトゥルハイム主聖堂(2F)
ミサでの典礼奉仕をしています。どなたでもお気軽にどうぞ!



■興味のある方はこちらへ!
上智聖歌隊宛メールフォーム